トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » 歯周病外来

【歯周病治療】歯茎のトラブルでお悩みの方へ

「歯を磨くと歯茎から血が出る」「口臭が気になる」「虫歯でもないのに歯がグラグラする」

あなたの歯肉に、このような症状はありませんか?もし、こうした症状があれば、歯周病の疑いがあります。

歯周病治療

歯周病は歯と歯茎の間からバイ菌が入り、歯肉に炎症を引き起こし、歯が抜け落ちてしまう恐ろしい病気です。

日本人の約80%が歯周病に感染しているといわれ、国民病とさえいわれています。歯周病の恐ろしさは初期症状がほとんどないことです。自覚症状が現れたときにはかなり進行しており、歯がグラグラになり、慌てて歯医者さんに駆け込む方がほとんどです。

そうならないためにも、日頃からご自身の歯に関心を持ち、歯周病予防に取り組んでいただきたいです。

このページでは、当院の歯周病治療についてご説明いたします。

【こんな方はぜひ歯周病治療を】
●歯茎から血が出る
●歯肉が腫れている
●口臭が気になる
●歯肉が赤い、または紫がかっている
●歯がグラグラしている
●歯と歯の間の隙間が広がってきた

歯周病の進行と治療方法とは?

健康な歯周組織の状態
歯茎の色は薄いピンク色で腫れもありません。健康な状態の歯周ポケットは1~2mm程度です。

【治療】
毎月〜3ヶ月に1度の定期検診で、歯のクリーニングを行い、プラークコントロールをします。歯科衛生士が行う専門的な歯のクリーニングPMTCも効果的です。



歯肉炎の症状
歯周病の進行と治療方法歯と歯茎の間にある溝にプラーク(歯垢)が溜まることによって、歯茎に炎症が起きます。炎症とプラークにより溝が大きくなり、歯周ポケットができます。この段階では、歯を支える歯槽骨は悪くなっていません。

【治療】
3ヶ月に1度の定期検診を行い、ブラッシングで改善いたします。歯石が付いている部分の歯石を除去します。歯科衛生士が行う専門的な歯のクリーニングPMTCも効果的です。



軽度歯周炎の症状
歯周病の進行と治療方法歯周炎が始まり、歯周ポケットは3~4mm程度になります。歯周ポケット内にプラークや歯石が溜まると、炎症がさらに広がり、歯茎の色は赤みを帯びてきます。また、歯を支える歯槽骨が溶け始めます。

【治療】
ブラッシングで歯茎を改善いたします。その後、歯石が付いている部分の歯石除去を行ったり、歯茎の中のルートプレーニングを行う場合もあります。歯科衛生士が行う専門的な歯のクリーニングPMTCを定期的にお受けください。



中等度歯肉炎の症状
歯周病の進行と治療方法炎症が進行し、歯周ポケットが4~6mm程度と深くなった状態です。歯槽骨の吸収もさらに進行し、歯を指で押すと動きが始まります。ここまで進行しますと、歯茎の腫れや出血など自覚症状が現れます。

【治療】
ブラッシングで歯茎を改善いたします。その後、歯石が付いている部分の歯石除去をします。歯茎の中のルートプレーニング行うときは麻酔をした上で行います。重症の場合は歯周外科を行う場合も増えます。

術後、定期的に歯科衛生士が行う専門的な歯のクリーニングPMTCは必須です。中程度まで進行しますと、再発防止が重要になります。



重度歯肉炎の症状
歯周病の進行と治療方法定期的に歯茎が腫れ、痛みもひどくなります。

【治療】
ここまで進めば完治させるのは大変困難を極めます。歯を保存できる状態であれば、歯周外科手術、再生療法を試みます。しかし、残念ながら抜歯となる場合もございます。
ここまで進行する前に、ぜひ定期検診をお受けください。

歯周病を毎日の生活で予防する方法

歯周病を毎日の生活で予防する方法1.毎日歯磨きをする
毎日の歯磨きをキチンと行いましょう。毎回の食後30分以内の歯磨きをおすすめいたします。
歯磨きのコツはこちら

2.食生活を見直す
毎日の食生活を見直しましょう。規則正しく、よく噛んで食べる習慣をつけましょう。
丈夫な歯をつくるオススメ食品はこちら

3.定期検診を受けよう
歯の定期検診を積極的に受けましょう。歯の専門家による状態の検診を受けることで、歯周病を予防しましょう。

4.ストレスを貯めない
ストレスをできるだけ貯めないようにしましょう。ストレスは歯茎に悪い影響を与えるだけではなく、ストレス時に起きる歯軋りは歯肉に負担をかけます。

5.タバコの影響
タバコは歯と歯茎に悪い影響を与えることを知ってください。タバコの吸い過ぎは身体への悪影響はもちろん、歯周病の進行を早める影響があることも確認されています。

こんなに怖い歯周病とからだの関係

歯周病とからだの関係歯周病は「歯がグラグラしてきて抜ける病気」です。しかし、最近、歯周病と全身的疾患の関係が指摘され始めてきました。もし、あなたが歯周病の可能性がありましたら、なるべく早めに専門医の診断を受けることをおすすめいたします。

心臓発作(心筋梗塞)と歯周病の関係
ある研究では、"歯周病にかかっている人が心臓疾患になるリスクは高く、通常の2倍の確立である"と報告されています。

重度の歯周病は、歯周病菌が血管内にまで入り込み血液の流れによって全身の臓器に侵入します。現在、歯周病菌の一種に、血栓(血のかたまり)を作る作用があることが証明されています。それが心臓の血管を詰まらせ、心臓発作を引き起こすとされています。

歯周病と糖尿病の関係
"糖尿病の人は歯周病に対する抵抗力が弱く歯周病に感染しやすく進行も早い"と言われています。

歯周病菌が糖代謝のコントロールに影響を及ぼし、血糖値のコントロールが難しくなります。実際、「歯周病を治療したら血糖値が落ち着いた」という話をよく聞くことがあります。

誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)とは
抵抗力などが弱っているときに、飲み込んだ菌が肺に入り肺炎を起こす病気です。寝たきりやご高齢で抵抗力が落ちていますと、口腔内に大量の歯周病菌が発生し、誤嚥性肺炎を発症することがあります。

歯周病は早産と低体重児の原因
歯周病菌による口腔内の炎症が、血管を通して全身に回り、羊水にまで影響することが証明されています。その結果、早産と低体重児の原因となることがわかっています。なお、歯周病がない妊婦と比べ、歯周病を持っている母親の早産のリスクは7倍になると報告されています。

歯周病治療の症例

健康保険を使用した重症歯周病患者の治療
臼歯部欠損により咀嚼障害を伴う重症歯周病患者の治療

関連ページリンク

arrow当院が選ばれる6つの理由
一般歯科(虫歯治療)歯周病外来小児歯科矯正歯科治療入れ歯治療
審美歯科治療インプラント治療訪問診療症例集健康な歯を維持するために
よくあるご質問

arrow院長紹介
院内ツアー求人案内アクセス・診療時間プライバシーポリシー

【入れ歯・インプラント・審美・矯正歯科】のご相談を承っております

無料カウンセリングのお申し込み、ご予約はこちら

このページのトップへ


トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » 歯周病外来