トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » 矯正歯科治療

【矯正歯科治療】取り外しのできる装置を使用した治療

矯正治療は、見た目の治療だけではなく、しっかりと「噛む」ことを考えて治療することが大切です。当院では、成長期にある小学生高学年~12歳位までは歯列の育成に重点をおいた治療を行います。

矯正歯科治療

あごの成長を考え、拡大床という器具を使用した、成長を絡めた歯を抜くことのない矯正を行っております。一方、成人は抜歯の必要の有無をしっかり見た上で治療計画を立てます。

このページでは、当院の矯正歯科治療についてご紹介いたします。

【こんな方はぜひ矯正治療をご検討ください】
●歯並びがガタガタ
●噛み合わせが悪くてよく噛めない
●子どもの歯並びが気になり、相談したい

【床矯正】取り外しのできる矯正装置

床矯正●人に知られずに矯正ができる
●抜歯の必要がない
●虫歯・歯周病予防に繋がる
●矯正治療後の「後戻り」が少ない

当院の矯正では、夜に寝ているときだけ装着する取り外し式の矯正装置を使用いたします。これはワイヤーを使った治療方法ではないため、食事中や学校・仕事のときなど、人前に出るときは装置を外すことが可能です。

この矯正法は床矯正(しょうきょうせい)と呼ばれ、歯を正しい位置に動かすと共に、歯の土台そのものを正しい大きさに拡大します。床矯正装置には、スクリューが装着されており、ネジを巻いてスクリューを移動させることによって、歯の土台を広げたり、歯を動かしたりします。

床矯正の特徴
・人に知られず矯正ができる
床(しょう)矯正の最大のメリットは、取り外しができるため、人に知られずに矯正治療ができる点です。たとえば、お子さまなら、写真撮影の日や大切なイベントの日など、治療中であっても自然な笑顔を演出できます。矯正装置を付けていることによる、いじめの心配もございません。また、大人の方なら、営業職・接客業など人前に出る仕事に就いている方も安心して治療にトライできます。

・抜歯の必要がない
「矯正って歯を抜くんでしょ?」と思っている方はいませんか。
一般的に、ワイヤーを使った矯正治療では、歯を並べるスペースを作るために抜歯をすることがあります。しかし、当院で使用する矯正装置は、歯の土台そのものを拡大することができるため、大切な歯を抜かなくても歯を並べることができます。
※床矯正を使用しない大人の矯正では、抜歯が必要なケースもあります。

・虫歯・歯周病予防に繋がる
皆さまがよく目にするワイヤーを使った固定式の装置は、取り外しができないため、ブラッシングがうまくできず、虫歯や歯肉病になってしまう方がいらっしゃいます。しかし、床矯正では、装置を取り外すことで普段と同じようにブラッシングをすることが可能です。

・矯正治療後の「後戻り」が少ない
機能的矯正では、歯を動かすのではなく、装置を使って顎骨の成長を正しい大きさへと促します。そのため、治療後に歯の位置が元に戻ってしまう「後戻り」がほとんどありません。ただし、ゆっくりと歯を移動していきますので、ワイヤーを使った矯正に比べて時間がかかります。

矯正治療の流れ

矯正相談
歯並びでお悩みの方、お気軽にご相談ください。最近では、お子さまだけではなく、大人の方の矯正も珍しくはありません。
下へ

検査―診断
矯正治療の流れレントゲンや歯形の他に皮膚の軟組織の形状などから、最適と考えられる治療計画を立てます。口の中の写真をはじめ、歯の模型など矯正治療計画を立てる上で必要なデータを収集します。※料金5000円
下へ

治療
治療は抜歯、非抜歯を問わず、1~2年の期間となります。治療は、お子さまの場合は成長中と成長後に行う2回の治療にわかれます。

・第I期治療
歯がキレイに並ぶためのあごの大きさを確保する治療です。
治療費用30万円 通院費5000円

・第II期治療
大人の歯が生え揃った後の治療です。
治療費用30万円 通院費5000円

・大人の矯正
お口の形状に合わせた、最適の治療計画を基に矯正治療を行います。
治療費用60万円 通院費5000円
下へ

保定
歯の動きを安定させるために、固定装置を付けます。期間は約1年です。
※治療費用10万円、通院費5000円

関連ページリンク

arrow当院が選ばれる6つの理由
一般歯科(虫歯治療)歯周病外来小児歯科矯正歯科治療入れ歯治療
審美歯科治療インプラント治療訪問診療症例集健康な歯を維持するために
よくあるご質問

arrow院長紹介
院内ツアー求人案内アクセス・診療時間プライバシーポリシー

【入れ歯・インプラント・審美・矯正歯科】のご相談を承っております

無料カウンセリングのお申し込み、ご予約はこちら

このページのトップへ


トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » 矯正歯科治療