トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » 入れ歯治療

今井式すっぽんデンチャー入れ歯について

「入れ歯がゆるくて噛めない」「ガタガタして安定しない」「噛んだ時に痛む」「入れ歯の安定剤が欠かせない」

そんな方におすすめしたいのが、「今井式すっぽんデンチャー」と呼ばれる当院院長オリジナルの入れ歯です。

今井式すっぽんデンチャー入れ歯

この入れ歯は、日本補綴歯科学会補綴専門医である院長が長年培ってきた経験を活かしたものです。患者さまの口腔内やあごの状態などによって、噛み合わせは微妙に変わります、パッと見た瞬間に判断できる能力と経験がなければ、総義歯臨床はできません。この技能は匠の世界と同じであるため、若い先生には難しい高度な入れ歯製作術といえます。

【今井式すっぽんデンチャーはこんな方にオススメ】
●入れ歯がゆるくて噛めない
●何度も作っても合わない
●インプラントは高額で手が出せない
●入れ歯安定剤を使いたくない
●シッカリと食事を楽しみたい

【今井式すっぽんデンチャー紹介動画】

今井式すっぽんデンチャーの特徴

今井式すっぽんデンチャーの特徴「今井式すっぽんデンチャー」とは、吸着性の優れた動揺の少ない維持・安定の良い総義歯です。一度食らいついたら絶対に離れない「すっぽん」をイメージした、それくらいぴったり吸着する総義歯です。現在1,000症例程、この手法で総義歯作製を行なっており、多くの患者さまから喜びの声をいただいております。

「今井式すっぽんデンチャー」を使用すれば、歯を失って時間の経ってしまったあごにも、かなりの吸着が得られ、りんご・とうもろこしを丸かじりできたり、ピーナッツをボリボリと音を立てて食べることも可能となります。

金属床(オプション)
非常に薄い入れ歯です。熱が伝わりやすいだけでなく、耐久性にも優れているため、長く使用することができます。また、金属を使うことでより硬い食べ物も食べることができます。

患者さまに合う入れ歯をつくるコツは?

入れ歯補綴専門医である院長がオーダーメイドで製作します
当院院長の特徴は、日本補綴歯科学会補綴専門医としての経験を活かした入れ歯作りです。例えば、義歯は当然口の周りが動けば、動きます。設計する際に患者さま一人ひとりの口腔周りを正確に把握しておくことは、ぴったりフィットする義歯作りの最大条件です。そこで、当院の入れ歯作りでは、あごの形状を精密に分析いたします。また、あごが静止しているときの形状だけではなく、筋肉の動きも診断し、快適な義歯作りを行っております。

精密な型を取ります
入れ歯作りで最も大切なことは、お口の中を正確に把握するための「型取り」と呼ばれる作業です。当院では、専門的な知識を持った院長が、3回にわたって、お口の型を採取します。ちなみに、通常は2回の場合が多いですが、より精密にお口の中を把握したいという想いから、3回の型取りを行なっております。

院内技工室との緻密な連携
当院では、最終的な入れ歯の調整を行う際、入れ歯を作るスタッフである技工士も立会います。こうすることで、入れ歯作りの専門家である技工士に、ダイレクトに調整指示を出すことができ、ドクターと技工士とのコミュニケーションロスが少なくなります。

たとえ、保険診療でも手を抜くことはなく、歯科技工士のリーダーは日本口腔インプラント学会の認定歯科技工士の資格も取得しております。

"今井式すっぽんデンチャー"の威力とは?

今井式すっぽんデンチャーの特徴は、強い吸着力です。りんごや、とうもろこしの丸かじりができるようになる患者さまも少なくありません。

今井式すっぽんデンチャーの威力

その評価として、「バネ式手秤」にて総義歯の吸着力を測定すると、手秤で引っ張って義歯が吸着を失い、口腔内から離れる力は5回の測定の平均で、上の場合は約2.8kg、下の場合では約2kgの重りをぶら下げても離脱しませんでした。これはすっぽんデンチャーが極めて高い吸着力を有している証といえます。

今井式すっぽんデンチャーの威力

背筋を伸ばして歩けるようになった高齢者の方も...
また、この義歯を装着することで背筋を伸ばして歩くことが困難だった高齢者の方が、装着後3ヶ月程で、背筋を伸ばして歩行することが可能になった例もございます。

咀嚼しやすい義歯で食事が楽になり、また噛み締める動作も可能となった結果、脳への刺激が活発になったためと推察されました。この現象全てが義歯による結果とは思いませんが、噛み合わせと全身を考える上で、興味深い事実ではないかと考えます。

今井式すっぽんデンチャーの威力

今井式すっぽんデンチャーができるまで

今井式すっぽんデンチャーができるまで検査
お口の状態を確認し、お話をお聞きしながら、今後のご希望を伺った上でお口の中を確認させていただきます。その後、残存歯の状態などから、治療計画を立てます。

入れ歯にはお口の状態やニーズに合わせて、様々な種類があります。あなたの希望をお聞きしながら、最も良い状態の入れ歯はどれかを選択いたします。
下へ

治療計画の立案とご相談
あごの形状を精密に分析いたします。また、あごが静止しているときの形状だけではなく、筋肉の動きも診断し、快適な義歯作りを行っております。
下へ

精密な型取り
患者さま専用のトレーを使って、お口の中の精密な型を取ります。この際、シッカリと型を取るために3回に分けて型を採取します。
下へ

入れ歯の製作
本格的な製作に入ります。お口の中全体を捉えながら、院内技工室にて技工士が丁寧に仕上げていきます。
下へ

入れ歯の試着
院内に歯科技工所を併設しておりますので、歯科医師と歯科技工士が直接細かな打ち合わせを行います。これによって、スピーディー、かつ精密な入れ歯を作ることが可能です。
下へ

メインテナンス指導
ぴったりとはまった入れ歯も、日々のメインテナンスを行わなければ、いつの間にかあなたのお口に合わないものになってしまいます。ご自宅での掃除や医院での調整を行います。

入れ歯治療の症例

補綴設計の重要性(予知性のある設計)
高度吸収している上下無歯顎難症例

関連ページリンク

arrow当院が選ばれる6つの理由
一般歯科(虫歯治療)歯周病外来小児歯科矯正歯科治療入れ歯治療
審美歯科治療インプラント治療訪問診療症例集健康な歯を維持するために
よくあるご質問

arrow院長紹介
院内ツアー求人案内アクセス・診療時間プライバシーポリシー

【入れ歯・インプラント・審美・矯正歯科】のご相談を承っております

無料カウンセリングのお申し込み、ご予約はこちら

このページのトップへ


トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » 入れ歯治療