トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » 歯周病外来 » こんなに怖い歯周病とからだの関係

こんなに怖い歯周病とからだの関係

歯周病とからだの関係歯周病は「歯がグラグラしてきて抜ける病気」です。しかし、最近、歯周病と全身的疾患の関係が指摘され始めてきました。もし、あなたが歯周病の可能性がありましたら、なるべく早めに専門医の診断を受けることをおすすめいたします。

心臓発作(心筋梗塞)と歯周病の関係
ある研究では、"歯周病にかかっている人が心臓疾患になるリスクは高く、通常の2倍の確立である"と報告されています。

重度の歯周病は、歯周病菌が血管内にまで入り込み血液の流れによって全身の臓器に侵入します。現在、歯周病菌の一種に、血栓(血のかたまり)を作る作用があることが証明されています。それが心臓の血管を詰まらせ、心臓発作を引き起こすとされています。

歯周病と糖尿病の関係
"糖尿病の人は歯周病に対する抵抗力が弱く歯周病に感染しやすく進行も早い"と言われています。

歯周病菌が糖代謝のコントロールに影響を及ぼし、血糖値のコントロールが難しくなります。実際、「歯周病を治療したら血糖値が落ち着いた」という話をよく聞くことがあります。

誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)とは
抵抗力などが弱っているときに、飲み込んだ菌が肺に入り肺炎を起こす病気です。寝たきりやご高齢で抵抗力が落ちていますと、口腔内に大量の歯周病菌が発生し、誤嚥性肺炎を発症することがあります。

歯周病は早産と低体重児の原因
歯周病菌による口腔内の炎症が、血管を通して全身に回り、羊水にまで影響することが証明されています。その結果、早産と低体重児の原因となることがわかっています。なお、歯周病がない妊婦と比べ、歯周病を持っている母親の早産のリスクは7倍になると報告されています。


トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » 歯周病外来 » こんなに怖い歯周病とからだの関係