トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » 入れ歯治療 » 今井式すっぽんデンチャーの特徴

今井式すっぽんデンチャーの特徴

今井式すっぽんデンチャーの特徴「今井式すっぽんデンチャー」とは、吸着性の優れた動揺の少ない維持・安定の良い総義歯です。一度食らいついたら絶対に離れない「すっぽん」をイメージした、それくらいぴったり吸着する総義歯です。現在1,000症例程、この手法で総義歯作製を行なっており、多くの患者さまから喜びの声をいただいております。

「今井式すっぽんデンチャー」を使用すれば、歯を失って時間の経ってしまったあごにも、かなりの吸着が得られ、りんご・とうもろこしを丸かじりできたり、ピーナッツをボリボリと音を立てて食べることも可能となります。

金属床(オプション)
非常に薄い入れ歯です。熱が伝わりやすいだけでなく、耐久性にも優れているため、長く使用することができます。また、金属を使うことでより硬い食べ物も食べることができます。


トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » 入れ歯治療 » 今井式すっぽんデンチャーの特徴