トップへ » 義歯を快適に使うための注意すべき点を教えてください。

義歯を快適に使うための注意すべき点を教えてください。

義歯には残存歯が全くない総義歯と、まだ残っている局部床義歯の二種類があります。局部床義歯の場合は、残存歯の喪失を防ぐために歯の周囲の清掃に留意します。特に、義歯を維持するためにクラスプ(鉤)がかけてある歯は不潔になりやすく、注意が必要です。

また、一度に広範囲の義歯を装着されたときはかなりの違和感を感じます。義歯のない状態で習慣的に会得した咀嚼や発音のための運動を、義歯の入った環境に適応させるためには、神経筋機構の学習に時間がかかり、義歯に慣れるまでに約一ヶ月要します。この間は硬い物や、食べにくい物を避け、軟らかく、食べやすい物を選ぶとよいでしょう。

義歯では、装着時点から自分に最もよく合うものになるまでのリハビリ期間が大切です。違和感が強くて慣れにくい場合や、当たりが強すぎる場含にも、通院して症状を正しく訴え、歯科医と共に根気よく努力されれば、必ず快適な義歯となります。また、義歯に慣れてしまうことによって、不適合がかなり進行していても気がつかない場合が多いようです。よって、半年に一度は通院し、周りの組織が破壊される前に治療するようにお気をつけてください。

入れ歯治療について詳しく知る
よくあるご質問一覧にもどる


トップへ » 義歯を快適に使うための注意すべき点を教えてください。