トップへ » 親知らずの歯の周りがよく腫れます。

親知らずの歯の周りがよく腫れます。

親知らず(智歯)は、歯ブラシの届きにくい最後方に生えてきます。また、生える方向も横に生えてきたり、完全に生えずに歯の一部だけしか見えない場合もあります。

このような悪い環境にある親知らずは食べかすや歯垢が溜まりやすく、時として炎症(智歯周囲炎)を引き起こしてしまいます。炎症は、うがいや歯ブラシで注意深く歯の表面の食べかすや歯垢を取ると軽減しますが、深いところの炎症は引き続き残り、表面の環境が悪くなれば再度広がり、より大きな炎症を引き起こし、再発を繰り返します。

このような繰り返しで、さらに炎症は深さを増し、下の親知らずであればノドが痛くなったり、上の親知らずであればほっぺたが腫れたりします。また、同時に炎症だけではなく、虫歯にもなりやすく、親知らずの虫歯だけにとどまらず、その前の健康な歯(第2大臼歯)までもが虫歯になることがあります。これらのことから、親知らずが原因で炎症を起こしている場合は早く抜歯することをおすすめいたします。

よくあるご質問一覧にもどる


トップへ » 親知らずの歯の周りがよく腫れます。