«  2018年4月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2018年4月11日

審美歯科治療の代表としてセラミックを使った治療がありますね。
審美歯科治療なのですから、当然見た目の向上という目的で使われる場合が多いです。しかし実はセラミックの本当のメリットというのは、審美性ではないと言えるでしょう。

セラミックを使うことで、プラスッチックなどの従来の素材に比べると虫歯・歯周病のリスクを減らすことができるのです。
というのもセラミックは陶器ですので、表面がツルッンとしています。
一方でプラスチックの表面には穴がたくさん空いています。肉眼では見えませんが、凸凹があるのです。この凸凹はむし歯・歯周病の原因であるプラークが付着し易いところなのです。

セラミックの表面の滑らかさがプラークを付着しにくくしてくれるのに加えて、ブラッシングをすればプラークは落とすことができます。
見た目だけではなく、機能面でも優れているのがセラミックの特徴です。

確かにセラミックを使った治療は自由診療なので治療費が高額になってしまいがちですが、長い目で見れば、それだけの価値のある治療とも言えるのではないでしょうか?
セラミックを使った治療に関心のある方は、ぐみょう今井歯科医院のスタッフまでお尋ね下さい。

当院のご紹介はこちら

2018年4月 4日

インプラントをすることで食べ物が以前よりも美味しく感じるという方がおられます。

インプラントをすることで、安定感がますので食べ物をよりよく噛むことができるという点はよく知られていると思います。
実はインプラントをすることでよく噛めるようになるだけではなく、熱伝導を感じられるようになります。そのために食べ物が美味しく感じるのです。

熱伝導とは、温かさ・冷たさが伝わることです。
入れ歯の場合、プラスチック床によって上顎は覆われています。そのために熱伝導が悪くなってしまい、食べ物の温かい・冷たいを感じにくくなってしまうのです。
これではせっかくの美味しいものの本来のポテンシャルをフルに味わうことができないのです。

一方でインプラント治療では金属が用いられます。金属は熱伝導に優れている素材であるために、食べ物の温かさ・冷たさがしっかりと伝わるのです。
結果として、入れ歯よりも食べ物が美味しく感じられることがあります。

同じものを食べるのであれば、より美味しく食べたいものですね。
入れ歯をしている方もインプラント治療への変更を検討されてはいかがでしょうか?もっと早くすれば良かったと感じられている方もたくさんおられます。

当院のご紹介はこちら

2018年3月28日

歯医者といえば苦手意識を持っている方が多いです。
治療が痛かったり、音が怖かったりと、確かに歯科治療は恐怖心をいだきやすいと言えるかもしれません。
でも治療中だから、あと少しだからと我慢してしまう方も多いです。
しかしいくら治療中だからと言っても遠慮する必要はありません。以下のようなときには遠慮なくお知らせください。

・痛みが激しい
・唾液がたまりすぎている
・口を開け続けてきつい
・苦しい

このような場合は手を上げて合図をしてください。
治療中だからと我慢する必要はありません。恐怖心を持って治療してしまうと、今後の治療にネガティブな意識を持ってしまい、歯医者からどうしても足が遠のいてしまいます。
結果、歯の状態が本当に悪化してしまい治療ができないという最悪の事態になってしまうかもしれません。これではマイナスですね。

誰でも怖いというのは同じです。子供でも大人でも、遠慮することなくいつでも教えてくださいね。
ぐみょう今井歯科医院ではできるだけ痛くない治療を行うとともに、患者さんへの説明を丁寧に行うことを目指しております。
歯医者が怖いという方でもお気軽に当院までお越しください。

当院のご紹介はこちら

2018年3月21日

矯正治療は、歯並びの見た目を美しくする事だけが目的ではありません。矯正治療をする事で、見た目だけでなく、歯や口の機能的にも回復し、身体にも良い事があるのです。

矯正治療をするメリットを詳しく紹介したいと思います。

・ 見た目が美しくなる
歯並びが美しく整うと、自分に自信が持てるようになります。笑顔に自信が持てるようになり、「大きく口を開けて笑えるようになった」と感じる人も多いです。

・ 虫歯や歯周病になりにくくなる
歯並びが整うと、汚れが溜まりにくくなり、普段の歯磨きもやりやすくなり、磨き残しが少なくなります。口の中の清潔を保ちやすくなり、虫歯や歯周病になりにくくなります。

・ 発音が良くなる
歯並びは発音にも影響します。歯並びが整うと、発音がきれいになり、話し方の印象も変わります。

・ 良く噛めるようになり胃腸への負担が減る
噛み合わせが整い、咀嚼能力が高まります。良く噛めるようになり、胃腸への負担が減る事は、将来的にもとても良い影響です。

・ 顎の痛みや頭痛、肩こりが改善する
悪い噛み合わせは、顎関節症や、頭痛・肩こりを招く事あります。歯並び・噛みあわせ整うと、顎関節症が改善する場合や、頭痛や肩こりが改善する事があります。これまで原因がはっきりしなかった目眩などの全身症状が良くなる場合もあります。

矯正治療は、見た目の美しさ以外にも、多くのメリットがあります。歯はこれからずっと使うものです。歯並びが気になる場合には、見た目以外のメリットも頭に入れていただいた上で、矯正治療を検討してみるのはいかがでしょうか。

当院のご紹介はこちら

2018年3月14日

一口に「歯並びが悪い」と言っても、様々な歯並びの乱れ、噛み合わせの乱れがあります。今日は様々な不正咬合について代表的なものを紹介したいと思います。

(1)叢生(そうせい)
らんぐい歯とも言われます。歯並びが凸凹になったり、重なり合ったりしている状態です。顎の大きさに比べて、歯が大きく、歯が並ぶスペースが無い事が主な原因です。

(2)上顎前突(じょうがくぜんとつ)
いわゆる出っ歯と言われる状態です。上の前歯が強く前方に傾斜していたり、上顎全体が前に出ていたりします。上顎の過成長や下顎の成長不足が原因となります。また、指しゃぶりなどの癖が原因となっている場合もあります。

(3)下顎然突(かがくぜんとつ)
いわゆる受け口と言われる状態です。下の歯が上の歯より前に出ている状態です。「サ行」や「タ行」が発音しにくい場合があります。

(4)開咬(かいこう)
上下の歯を噛み合わせた時に、奥歯は噛み合っていても、前歯の上下が噛み合わず、上下の歯の間に隙間が出来てしまっている状態です。前歯が開いているので、前歯で物を噛み切る事ができないのが問題です。指しゃぶりや口呼吸、下を前に出す癖が影響している事があります。

(5)過蓋咬合(かがいこうごう)
上下の歯を噛み合わせた時に、上の歯と下の歯の重なりが深く、下の歯が見えないほど、深く噛み込んでしまう状態です。歯が接触している部分に噛む力が強くかかりやすいのが問題です。

(6)空隙歯列(くうげきしれつ)
いわゆるすきっ歯の状態です。顎の大きさに比べて、歯が小さいなどの理由で、歯と歯の間の隙間が広く目立ってしまう状態です。

いかがでしたでしょうか。悪い歯並び、噛み合わせは様々なものがあります。目立つもので無ければ、自分では気がついていない場合もあります。歯並びは見た目だけの問題ではありません。歯並びが気になる方は、一度ご相談ください。

当院のご紹介はこちら

2018年3月 7日

神経の治療を受けたのに、しばらくしてまた同じ歯が痛み始めるという経験はありませんか?このような場合に考えられる理由について考えてみましょう。

・完全に神経が除去できていない
歯の神経の治療はとても繊細で、完璧な治療をするのはとても難しい治療の一つです。いくら気をつけていても、わずかに神経を除去しきれないこともあります。
このケースでは、痛みは半年から1年後ほどに起こることが多いです。
再び同じ治療を受ける必要があります。

・細菌が繁殖している
神経を除去したところには、特別なマテリアルを入れていきます。
すき間なくしっかりとマテリアルを詰め込むことができればいいのですが、マテリアルが完全に詰め込まれていなくて隙間が出来ていることもあります。

この隙間に細菌が繁殖してしまい、長い時間をかけて膿が生じてしまいます。
治療後しばらくして症状が現れることが多く、長いケースでは10年ほどたっている場合もあります。

もちろん、上記以外の理由で歯へ異変が生じることもあります。
いずれにしても神経を治療した歯が再び痛み始めるのであれば、治療が必要になります。

歯に異変を感じた場合には、素早くぐみょう今井歯科医院までお越しください。
異変の原因を突き止めます。

当院のご紹介はこちら

2018年2月28日

日本人は世界的に見ると歯列矯正への意識が低いといえるでしょう。
欧米では歯列矯正は一般的に行われており、子供がいる家庭は歯列矯正の予定を明確に持っていることが多いです。

でも歯列矯正をするほどまではない!と思われる方も多いと思います。
しかし歯列矯正は歯並びを整えるだけではなく、体の不調を改善したりと全身へ及ぶ影響が高いのです。さらに歯列矯正は容姿にも影響を与えます。

あるリサーチによれば、顔の下半分が美しいかどうかに影響を与えることがわかっています。
イメージとしては目が大きくてパッチリしていればかわいく思えるのでは?と考えられると思います。でも実はカギは顔の下半分にあるのです。

歯列矯正をすることで、歯が正しい位置に戻ります。
結果、顎のラインがシャープになったり、歯の下がすっきりと入り込むことで端正なイメージを与えることが出来ます。
さらに歯列がきれいになるために、笑顔が美しくなります。

歯列矯正のメリットは様々です。確かに長く費用のかかる治療ですが、それだけの価値がある治療ともいえます。
もっと多くの方が歯列矯正に対して高い認識を抱いてほしいと思います。歯列矯正はぐみょう今井歯科医院にお任せください。

当院のご紹介はこちら

2018年2月21日

ブラッシングについての知識が広まるにつれて、たくさんの方がブラッシングに対して真剣に取り組んでおられるのを見るのはとても喜ばしいことです。
ただあまりにも張り切ってブラッシングをしてしまったために、歯茎が下がってしまうこともあるのです。

ブラッシングの際に、高いプレッシャーをハブラシと歯にかけてしまうと、歯の汚れだけではなく歯茎までも落としてしまっている可能性があります。
歯茎の変化はとてもゆっくりであるために、すぐには気が付かない方も多いです。
しかし何度も何度も高いプレッシャーでブラッシングをしていると、徐々に歯茎が失われていくのです。
ひどくなると抜歯につながることもあります。

ブラッシングはあくまでやわらかなタッチで、いたわるようにしてください。
歯の隙間にこそ、虫歯や歯周病の原因であるプラークはたまりがちです。
歯間にあるプラークをかき出すイメージを抱くと、ブラッシングを向上させることが出来るでしょう。

またどうしてもプレッシャーをかけてしまう方は、やわらかなブラシのハブラシを使うことで歯茎へのダメージを抑えることが出来ます。
もっとよく知りたい方は、お気軽にぐみょう今井歯科医院までお越しください。

当院のご紹介はこちら

2018年2月14日

ケガなどで歯が折れてしまった、抜け落ちてしまったということもあると思います。
歯は再生不可能な部位であるために、あきらめてしまうことも多いです。
しかし実はきちんとした状態で保存されている場合、歯はもう一度植え直すことが出来るのです。

上記の分をもう一度よく見ていただきたいのですが、歯の植え直しが可能なのは"きちんとした状態で保存されている"時のみです。
では正しい保存方法とはどのようなものでしょうか?もしもの時に判断を誤らないためにも、事前に知っておくのは良いことです。

歯にとっての敵は乾燥です。ですのでティッシュなどに包んで持っていくのはNGです。
かといって、緊急事態に専用の保存液が身近にあるものでもありません。
水に入れればいいのでは?という意見もあると思いますが、水道水には塩素が含まれているので保存には適していません。
そんな時に代用品として使えるのが、冷たい牛乳です。

牛乳がないケースには、一度軽くすすいで口の中に入れて来院することが出来ます。

いずれの保存方法をとるにしても、早急に歯科医院に行くことがポイントとなります。
歯へ緊急事態が起こった場合には、すぐにぐみょう今井歯科医院までお越しください。

当院のご紹介はこちら

2018年2月 7日

唾液が虫歯予防に欠かせない存在であるということは、よく知られていると思います。

でも唾液が何から作られているか?ということを知らない方は多いのではないでしょうか?実はまだまだ解明されていないことの多い唾液について、今回はお話ししたいと思います。

唾液の原材料となるのは、なんと血液なのです。
ただ血液からどのようなメカニズムで唾液が作られているかについての詳細はまだ分かっていないまさに神秘の物質なのです。

そんな唾液は唾液腺と呼ばれる部位から物質されます。
この唾液腺はとても活発な部位で、多くのエネルギーの消費することでも知られています。体の中ではとても小さな部位なのですが、なんとエネルギー代謝の全体0.7%ほどを使っているということがわかっています。

それほどまでのエネルギーを使って作り出される唾液は、体にとってとても大事な物質であることがわかります。
唾液には自浄作用があるために、唾液のおかげで虫歯になる可能性を低めることが出来ています。
唾液がより多く分泌される方ほど、虫歯になりにくいともいえるでしょう。

唾液と虫歯予防についてもっと知りたい!という方は、お気軽にぐみょう今井歯科医院のスタッフまでお尋ねください。

当院のご紹介はこちら

Categories

  • カテゴリー1

comments

trackbacks

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
ぐみょう今井歯科医院

ぐみょう今井歯科医院

歯科に関する情報を更新していきます。