«  2015年9月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2015年9月30日

入れ歯が痛い場合、どのような原因が考えられるのでしょうか?いくつか挙げてみます。

1まだ慣れていない
入れ歯を新調したばかりの時は、違和感はもちろんのこと、長時間つけておくと痛みを感じることがあります。これは徐々になくなってくることが多いです。

2内面に当たりのある部分がある
歯茎の形は静止時と噛んでいる時では形が変わります。一般的な型取りにおいては静止時の型が取られてしまうため、それでできた入れ歯を入れて噛むと当たる部分が出てきてしまうのです。

3噛み合わせが高い
噛み合わせが高い場合、粘膜が圧迫されて痛みを感じます。

4歯茎が敏感である
歯茎が薄めで敏感な方は、ちょっとした入れ歯の動きに対し痛みを感じることがあります。

5口の中が乾き気味である
目のコンタクトレンズはドライアイ(目が乾いている状態)の場合、痛みを感じやすくなります。それと同じで、ドライマウス(口が乾いている状態)の場合にも入れ歯の刺激に対して痛みを感じやすくなります。

6歯茎の形が変わってきた
歯茎はだんだんと痩せてきます。入れ歯も長く使っていると歯茎の形が変わって、当たりが出てきます。

7神経を圧迫している
例えば下あごで、あごの骨の中を走っている神経の開口部があるのですが、その部分に入れ歯が当たることで痛みを感じやすくなります。


痛みの原因もいろいろです。当院では入れ歯製作の中でも特に重要な「型とり」を通常の歯科医院よりも1回多く行うことによって、より適合の良い入れ歯を製作しています。入れ歯の痛みでお悩みの方はお気軽にお問い合わせください。


ぐみょう今井歯科医院
http://www.gumyouimai.com/

2015年9月23日

歯が抜けてしまうと、食事や会話に支障をきたすばかりか、見た目にも影響が出てきます。また、その状態で放置しておくと、残っている歯が移動したりすることでかみ合わせが狂ってくる原因になります。

そこで、歯を失った部分に歯を補う治療が必要になりますが、そのなかの選択肢の一つに入れ歯があります。入れ歯は歯を失った際に選ばれる最もオーソドックスな治療で、何かと欠点が強調されがちですが、実は様々な利点があります。

■入れ歯の利点

・どんな症例であっても作ることができる
入れ歯の場合、一本抜けた場合から全部抜けた場合まで対応できます。ブリッジやインプラントのように症例を選ぶことがありません。

・残っている歯をほとんど削らない
ブリッジのように残っている歯の健康な部分を大幅に削ることがありません。金具がかかる場合には支えの部分をのせるために、多少削ることはありますが、エナメル質の範囲で1ミリ以内です。

・外せるのでお手入れが簡単
取り外してお掃除ができるため、清潔です。また介護が必要な方にとっても、外して他の人に洗ってもらうことができるので便利です。

・短期間で入れることができる
インプラントのように数ヶ月かかることがありません。

・手術などを必要としない
インプラントのように手術をする必要がありません。

・修理が可能である
割れたり他の歯を新たに抜いた場合に修理をしたり人工歯を足したりすることが可能です。
(義歯の種類によってはできない場合もあります)

・見た目を若返らせることができる
特に前歯を失った場合、唇の張りがなくなりますが、入れ歯で張りを回復でき若々しい印象にできます。

・治療費を安く抑えることができる
保険のものは安価で作ることができます。


このように入れ歯にも良い点はたくさんあります。とくに当院では「今井式すっぽんデンチャー」という院長オリジナルの入れ歯を製作しております。お気軽にお問い合わせください。


ぐみょう今井歯科医院
http://www.gumyouimai.com/

2015年9月16日

前回は歯の色がだんだんと変わってくる理由についてお話ししました。
今回はどんな人が歯の着色を起こしやすいか、についてです。

■こんな人は歯が着色しやすい

・歯の着色を引き起こしやすい食べ物、飲み物をよく口にする人
お茶、コーヒー、赤ワイン、色の濃いジュース、カレー、ミートソースなどを頻繁に口にしている人です。

・喫煙する人
ヘビースモーカーほどタバコのヤニがこびりつきやすくなります。また、歯についたヤニは有害物質を放出し続けます。

・歯並びの悪い人
歯ならびがデコボコしていると、歯ブラシが十分に当たらない部分が出てくるため、その部分の着色が目立つようになります。

・口が乾き気味の人
唾液が十分に出ていないと色素成分が洗い流されにくく、着色しやすくなります。

・口呼吸の人
鼻炎などが原因で口で息をしている人は口の中が乾きやすく、着色しやすくなります。

・歯磨き粉を使っていない、または歯磨き粉をつけすぎている人
多くの歯磨き粉には研磨剤という成分が入っており、それである程度の着色は落ちてしまいます。しかし、歯磨き粉を使わずに磨いている人や、研磨剤を含まない歯磨きジェルなどを使っている人は、着色が落ちにくくなります。しかし一方で、歯磨き粉をたくさんつけすぎていたり、乱暴に磨く場合は歯に傷がついてしまい、結果的には着色がつきやすくなってしまいます。


いかがですか?当てはまる項目はありましたか?このような様々な理由で、人によって着色の程度が変わってくるのですね。

当院では歯のクリーニングも行っておりますので、着色が気になる方はお気軽にご相談ください。


ぐみょう今井歯科医院
http://www.gumyouimai.com/0530aesthetic-appreciation/

2015年9月 9日

歯の色というのは人によってけっこう違いがありますよね。
いつまでも白い歯でいたいものですが、きちんと磨いているつもりでも黄ばんできたりしてなかなか白い状態を保つのは難しいものです。

歯の色がだんだんと変わってくる理由はなんでしょうか?

歯の色が変わる理由としては大きく2つに分けることができます。外因性のものと内因性のものです。
 
■外因性のもの(外からついた着色)
・食べ物や飲み物によるもの
コーヒーや紅茶、赤ワインなどのタンニンによるもの、カレーやケチャップなど色の濃い食品によるものです。

・タバコのヤニ
タバコに含まれるヤニ(タール)は歯にこびりつき、一度つくとなかなか取れません。

・薬剤によるもの
主にグルコン酸クロルヘキシジンを含む洗口剤を長期に渡って使用していると茶色っぽく着色してくることがあります。

■内因性のもの(歯の内部から起こってくる変色)
・加齢
年齢とともに、歯の神経が入っている歯髄腔は狭くなっていきます。それに伴ってその外側の象牙質は厚みを増します。象牙質は黄色っぽい色をしているため、その色がすけて黄ばんで見えるようになります。

・神経を取った場合
神経のない歯は象牙質内のコラーゲンが変質してくるため、色が暗くなってきます。


次回はどんな人が着色を起こしやすい傾向があるのか、についてお話ししていきます。


ぐみょう今井歯科医院
http://www.gumyouimai.com/0530aesthetic-appreciation/

2015年9月 2日

フッ素はいまやほとんどの歯磨き粉に含まれるようになりましたね。
毎日の歯磨きにフッ素入り歯磨き粉を使うことによって、歯を強化して虫歯になりにくくすることができます。このことはもうご存知の方も多いのではないでしょうか?

それではなぜフッ素が歯を虫歯から守るのかご存知ですか?その理由は次の通りです。

1歯の再石灰化
お口の中には無数の細菌が存在し、食事をするたびに歯の表面は細菌が作り出す酸で溶かされています。しかし唾液に含まれるミネラル成分によって常に修復が行われています(再石灰化)。フッ素はこの作用を促進します。

2歯質の強化
フッ素が歯の表層のエナメル質と結合し、強い結晶を作ります(フルオロアパタイト)。

3抗菌・抗酵素作用
虫歯の原因菌であるミュータンス菌に対し抗菌作用を発揮し、またミュータンス菌が酸を産生するのを抑えます。

これが歯を虫歯から守るメカニズムですが、虫歯のリスクが高い時期には歯科医院で高濃度のフッ素を塗ってさらに虫歯予防効果を高めておいた方がよいでしょう。フッ素が一番大きな効果をあらわすのは、新しい歯がどんどん生えてくる時期です。

具体的には、乳歯が生える生後6ヶ月から2歳半頃までと、永久歯が生える6歳から13、14歳頃までです。生えたばかりの歯というのは歯の質が弱く、高濃度のフッ素を塗ることで歯をさらに守ってあげることが必要です。1年に2-4回のフッ素塗布を受けることで4割くらい虫歯予防効果がアップするとも言われています。


ぐみょう今井歯科医院
http://www.gumyouimai.com/0550column/

« 2015年8月 | メイン | 2015年10月 »

ぐみょう今井歯科医院

ぐみょう今井歯科医院

歯科に関する情報を更新していきます。