«  2016年3月 2日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2016年3月 2日

歯石を取らないといけないのは十分わかってるけど、歯石と取りの機械でキーンとされるのが嫌!という人は少なくないようです。しかし歯石が溜まったままでは、歯周病が悪化してしまう原因となります。歯石をなるべく痛みなく取る方法はないものでしょうか。

歯石取りで痛みを感じる原因は大まかに2つあります。まず最初に歯に知覚過敏があってその部分が痛む場合です。そして次に歯茎が腫れて炎症を起こしているために歯茎が痛む場合です。痛みなく歯石を取るためにはこの二つのことをなるべく起こさないようにすれば良いわけです。

対策として次のことを注意してみると良いでしょう。

1.歯茎の炎症があるまま歯石を取らない
歯茎の炎症がある状態ではちょっと触れるだけでも痛みを敏感に感じます。歯石を取る数日前から念入りにブラッシングをし、歯茎の炎症を引かせておく、もしくは炎症を起こさないようにしておきましょう。

2.歯石がやわらかいうちに取る
歯石は古くなるにつれて硬くなり、歯石除去に時間がかかるようになります。しつこく機械をかけなければ歯石が取れないので、痛みを感じる時間も長くなります。そのため、できれば3ヶ月~6ヶ月くらいのスパンで歯石を取るのが理想的です。

3どうしても辛い時は麻酔をしてもらう
どうしても知覚過敏がひどくて辛い時には麻酔をすることで痛みを感じなくすことができます。

歯石を溜め込んでいると、歯茎の炎症も強くなり、余計に歯石除去時の痛みはひどくなります。歯石はあまり溜め込まないようにしましょう!

ぐみょう今井歯科医院
http://www.gumyouimai.com/0510periodontitis/

« 2016年2月24日 | メイン | 2016年3月 9日 »

Categories

  • カテゴリー1
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
ぐみょう今井歯科医院

ぐみょう今井歯科医院

歯科に関する情報を更新していきます。