«  2016年9月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2016年9月28日

歯肉の病気は誰でもなってしまうものです。歯肉の病気が進行してしまうと、最終的には歯を失ってしまうことにもつながります。ここではそんな危険な歯肉の病気について詳しく考えてみたいと思います。

ステップ①歯肉炎
歯肉炎は、歯肉の病気の初期段階です。口をひらいた時に見える歯肉(ピンクの部分)のみに炎症がみられる状態です。特に磨き残しの多い歯間の歯肉が腫れる、赤くなるなっている状態が見られます。痛みがないために、この段階で歯肉炎であることに気づくことは難しいです。ただ治療はこの段階で行うことで、早く終わらせることが出来ます。

ステップ②歯周炎
歯周炎は歯肉炎が進行している状態です。歯肉だけではなく、その奥にある歯槽骨、歯根膜などにプラーク中の細菌が影響を及ぼしてしまっている状態です。厄介なことにこの状態になっても、まだまだ痛みを感じることがありません。自覚症状がないまま、病状が進行してしまうことが多く、手遅れとなり抜歯につながるケースも珍しくありません。

思っているよりも厄介な病気である歯肉の病気ですが、定期的なメンテナンスや検診によって早めの治療を行うことが出来ます。当院では半年に1度程度の検診をおすすめします。

当院のご紹介はこちら

2016年9月21日

大人でも子供であっても、最近増加傾向にあるのが歯肉の病気です。歯の代表的な病気といえば虫歯と思い浮かべる方も多いと思いますが、実はある意味で虫歯よりも怖いのが歯肉の病気なのです。では、どのように歯肉の病気になってしまうのでしょうか?

歯肉の病気は、歯に付いてしまったプラーク、いわゆる磨き残しによって引き起こされてしまいます。きれいに磨ているつもりでも、実は磨き残しというのは誰にでもあるのです。実は歯科医療関係者であっても、ブラッシングのみでプラークを完全に除去することはとても難しいのです。

そんなプラークは放置されることで、細菌を生じさせます。その細菌が毒素を出すようになり、歯肉を腫らす、歯槽骨を溶かすなどの影響を与えるようになるのです。

歯肉の病気は一生涯で誰でもなってしまう病気とされています。一般には年輩の人がなると考えられていますが、最近は小学生で歯周病になっている子も少なくありません。

子供時代からのプラークコントロールをしっかり行うことが、歯周病の改善策となります。当院では歯周病の治療、歯磨き指導などを行っております。お気軽にお立ちよりください。アドバイス・治療をさせていただきます。

当院のご紹介はこちら

2016年9月14日

お年寄りの死亡原因でかなりの割合を占めているのが、肺炎です。体力のある方がなったとしても、命を落とす可能性は低いものの、お年寄りなどの体力のない方がかかってしまうと、命にも関係する重大な問題になり得るのです。

そんな肺炎ですが、"誤嚥性肺炎"が多く見られます。誤嚥性肺炎はお口の中にいた細菌が気管などをとおして、肺にまで行ってしまうことによって起きてしまう肺炎です。

歯周病になってしまうと、お口の中に有害な菌が増えている状態になってしまいます。結果として、肺にまで細菌が行ってしまう可能性が高くなり、肺炎になるリスクが増えるというわけなのです。

一見、肺炎と歯周病とは全く関係がないように見えますが、体はあるゆるところでつながっているために、関連性の高いものとなっているのです。特に高齢の方は肺炎には十分に注意しておきたいものです。

当院では歯周病の治療だけではなく、歯周病の予防にも積極的に取り組んでいます。年齢を重ねるにつれてお口の病気のリスクも増えてきます。自分は大丈夫と思わずに、しっかりとケアを行うことをおすすめします。気になることがあれば、お気軽にご相談ください。

当院のご紹介はこちら

2016年9月 7日

歯周病に気を付けたい時期として特にあげられるのが、妊娠中です。妊娠中のお母さんであれば、お腹にいる赤ちゃんが安全に、健康に生まれてきてほしいと願うものですね。でも実は歯周病のための早産や低体重児出産につながってしまうことがあるのです。

その理由は、歯周病の細菌にあります。炎症などによって歯周病の細菌は血流に取り込まれてしまい、体中に回ってしまうことがあります。この細菌の中に、子宮を収縮を促してしまう物質が含まれているのです。そのために体が出産する状況になってしまい、予定よりも早い出産になってしまうことがあるというのです。

さらに妊娠中には、歯周病になるリスクが高くなってしまいます。妊娠中には避けたい歯周病になりやすくなってしまうために、特に妊娠中にはお口の健康に気を使う必要があるといえるのです。

お母さんのお口の健康だけではなく、お腹にいる赤ちゃんが無事に生まれてくるためにも歯周病への対策が必要となるといえます。

当院では妊娠中でも安心して治療を受けられるように、万全の体制を整えております。歯周病による影響が心配なお母さんは、できるだけ早く当院にて治療されることをおすすめします。

当院のご紹介はこちら

« 2016年8月 | メイン | 2016年10月 »

ぐみょう今井歯科医院

ぐみょう今井歯科医院

歯科に関する情報を更新していきます。