«  2016年10月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2016年10月26日

頭痛を抱えている方は思っているよりも多くいます。そんな嫌な頭痛ですが、食いしばりで頭痛が起こってしまっていることもあることをご存じでしょうか?

実際に食いしばってみるとわかると思いますが、食いしばりをしている状態は噛むための筋肉へ負担となるだけではなく、その周辺の筋肉へも負担となってしまうのです。食いしばりを行うことで筋肉は絶えず緊張状態になってしまうのです。

一般的に1日で歯が噛み合わさっている状態の時間は、20分ほどとされれいます。ただ多くの場合食いしばりは夜寝ているときなど、無意識の状態でしてしまっていることが多いのです。そのために筋肉への負担は相当なものになってしまうのです。

頭痛と関係の深い筋肉として考えられるのが、こめかみの近くにある側頭筋です。噛みしめると動くのを確認することが出来ますが、食いしばりをしずぎることで側頭筋への負担が大きくなり、結果として頭痛につながってしまうのです。

食いしばりの癖があって頭痛に悩まされているのであれば、頭痛の原因は食いしばりからくるものかもしれません。まずは一度受診されることをお勧めします。お気軽に当院にご相談ください。

当院のご紹介はこちら

2016年10月19日

電動歯ブラシを使ってブラッシングをしているという方が増えてきています。電動歯ブラシの人気が高まるにつれて、電動歯ブラシが一般的な歯ブラシよりもより多くのプラークを除去できるというイメージを持つ方が増えてきています。しかし実際には電動歯ブラシの方が、一般の歯ブラシよりも優れているのでしょうか・
.
電動歯ブラシにはたくさんの種類がありますが、手で磨く場合と比べて効果は多く得られやすいといえます。しかし知っておきたいこととして、しっかりと手で磨くことが出来るのであれば、手で磨くことが電動歯ブラシに劣ることはないということです。

つまり電動歯ブラシであったとしても、手で磨く歯ブラシであったとしても、ブラッシングを適切に行えているかどうかがポイントとなります。特に一人ひとり歯の生え方や状態はことなっています。そのために自分に合っている磨き方をしなければなりません。
.
電動歯ブラシは付け替えるヘッドも手で磨くものに比べると高価です。衛生面で見るならば手で磨く歯ブラシを定期的に買いかえて、正しい方法で磨くことも視野に入れておきたいです。ただ歯磨きが面倒、歯磨きにたくさんの時間を割けない、忙しいなどの方にとって、電動歯ブラシは強い味方となることもあります。

当院のご紹介はこちら

2016年10月12日

よく相談されることに、"どんな歯ブラシを選んだらいいの?"ということがあります。歯ブラシと一言にいっても、たくさん種類があり、その中から一つを選ぶのはとても難しいですね。そこでここでは、どのような歯ブラシがおすすめなのかをご紹介していきたいと思います。

結論から言うと、"極細の歯ブラシ"がプラークの除去にはとても効果的です。テレビのCMなどを見ても、極細毛であることをアピールポイントにしてある歯ブラシが多いですが、プラークを除去するという歯ブラシの役割を果たしてくれるのが極細毛なのです。

極細の毛が歯と歯の間や磨きにくい奥にまでしっかりと届き、除去しにくい場所にあるプラークをごっそり除去してくれるのです。一般的な歯ブラシであれば入り込めないすき間に入ることが出来るのが、極細毛の最大の強みです。結果として、お口の中の細菌を減らすことが出来るのです。

もちろん歯ブラシにも好みがあるとは思いますが、お口の中の病気を減らすためには極細毛の歯ブラシがおすすめです。歯ブラシだけではなくブラッシングの仕方も大事です。虫歯や歯周病の予防に欠かせない歯ブラシ選びやブラッシングの指導はぜひ、お気軽に当院へご相談ください。

当院のご紹介はこちら

2016年10月 5日

"お口の美しさ"というのが、改めて注目されるようになりました。昔から芸能人は歯が命とも言われてきましたが、口元がきれいだと印象が大きく変わるのです。そのために審美歯科の需要が高まってきています。

そんな審美歯科治療でよく耳にするのが、"ラミネートべニア"というものではないでしょうか?

ラミネートべニアはホワイトニング治療で使われることが多いです。薬剤を使っておこあぬホワイトニングでは効果が得られない、生まれつき歯の色が黄色いなど、様々な理由によって薬剤で行うホワイトニングの効果が見られない方がいます。

そんなときに活躍するのが、ラミネートべニアなのです。白くしたい歯の表面を少し削り、そこにラミネートべニアを重ねることで歯を美しく白くするのです。ラミネートべニアを使った治療方法は、比較的簡単なもので患者さんへの負担も軽くために最近ではよく使われるようになっています。

医学の進歩によって以前では思いつかなったようなことが可能になっています。歯を白くしたいけど、自分の歯でも本当に白くなるの?と思っている方も多いと思います。まずは当院での相談から始めてみるのはいかがでしょうか?きれいな口元になれば、もっと自信を持てるようになります。

当院のご紹介はこちら

« 2016年9月 | メイン | 2016年11月 »

ぐみょう今井歯科医院

ぐみょう今井歯科医院

歯科に関する情報を更新していきます。