«  2017年1月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2017年1月25日

人によっては輝くようなきれいな歯の方もいれば、反対にくもってしまっている歯の方もいます。どうして同じ歯なのに、このような違いが出てしまうのでしょうか?

歯の輝きとツヤの仕組みには、歯の密度が関係しています。輝くようなきれいな歯の方は、表面がスムースでエナメル質内部の密度が高いのです。このためにツヤや白さが出るのです。

このようなきれいな歯の敵ともいえるのが、プラークです。プラークは酸を作りだしてしまい、その酸によって歯が溶かされます。これによって歯の表面がざらざらになってしまうだけではなく、エナメル質の内部の密度さえも低くなってしまうのです。これがくすんで見える歯の原因なのです。

ではどうしたら輝くような歯にすることが出来るのでしょうか?効果的なのがフッ素入りの歯磨き剤です。フッ素が歯の再石灰化を進め歯の密度を高めてくれるだけではなく、健康的な強い歯を作りだしてくれます。ツヤのある歯を目指す方はフッ素をキーワードとして、フッ素をデンタルケアに取り入れるようにしてみて下さい。

お口のトラブル、お悩みに関することは何でも当院にお任せください。当院のスタッフが丁寧に説明・治療を行います。

当院のご紹介はこちら

2017年1月18日

普段何気なく使っている方も多いのが、歯磨き剤ではないでしょうか?でも歯磨き剤は絶対に使わなければならないの?と思う方もいると思います。歯磨き剤は使った方がいいのでしょうか?使わない方がいいのでしょうか?

結論から言うと、歯磨き剤は使った方がよいといえます。その理由は歯磨き剤の5つの役割にあります。

役割①プラーク除去率が高くなる。
役割②歯の再石灰化を促す。
役割③ステインを除去してくれる。
役割④口臭を除去・抑制してくれる。
役割⑤プラークの付着を抑える。

5つの役割で見てわかるように、歯磨き剤を使うことで健康なお口を維持する助けにもなるのです。ハミガキ剤には種類によってさまざまな特長があります。どのような効果を特に求めるのか?ということを考えてから、歯磨き剤の購入・使用をするのであれば、より効果を実感しやすくなるといえます。

普段、何気なく使っている歯磨き剤ですが、使用するのにはきちんとした理由があるのです。今まで歯磨き剤を使わずにブラッシングしていた方は、歯磨き剤の使用をお奨めします。

当院では歯の病気の予防から治療に至るまで、幅広く対応しております。歯に関しての質問なども受け付けておりますので、お気軽におたずねください。

当院のご紹介はこちら

2017年1月11日

患者さんが自分の体に対して行われる治療を決定するためには、 セカンドオピニオンが必要が時があります。診療・治療を受けることになったとしても、様々な治療方法があります。その中から自分に最適な方法を選ぶために、よりよい決断をするためには、主治医以外の意見を聞くことが助けになることも多いのです。

セカンドオピニオンは主治医以外の歯科医師への相談になるために、患者さんによっては躊躇してしまうこともあるようです。しかし今は従来の医師患者関係を超えてセカンドオピニオンを聞くことが、より良い治療につながるという考え方が浸透してきつつあります。

確かに"セカンドオピニオン"というと、とても大きなことをするような気がしますが、実際には気軽な相談なのです。これから行う治療への不安や疑問があるのであれば、セカンドオピニオンを受けることで、より安心して治療を受けることが出来るようになります。治療に対しての積極的な態度は、治療後の経過にも影響を及ぼすこともあるのです。

当院ではセカンドオピニオンとしてのご相談などを行っております。当院で意見を聞きたいという方は、ぜひお気軽にお越しください。

当院のご紹介はこちら

2017年1月 4日

明けましておめでとうおめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。今日は歯のクリーニングについてです。

ブラッシングなどを行っていても、どうしても落とせない汚れというものがあります。特に歯の表面に付いてしまっているタバコのヤニ、コーヒー、紅茶、緑茶などのステインなどは、ブラッシングでは落としきれないのです。このような汚れを放置してしまうと、お口の状態の悪化につながってしまいます。これを防ぐために行うのが、クリーニングなのです。

綺麗に汚れを取り除くだけではなく、虫歯や歯周病の原因であるプラークをしっかりと取り除きます。普段のブラッシングではどうしても取れにくいところにあるプラークや歯石などを専用のマシーンで取り除きます。

プラークや汚れは時間がたつと、再び付着してしまいます。そのために定期的なクリーニングが欠かせないのです。3か月から6か月ごとに定期的にクリーニングをすることで、お口の状態を良好に保つことができ、歯の寿命を長くすることにも貢献するのです。

ただしクリーニングを行っても、歯を白くする効果はありません。歯を白くするためにはホワイトニング治療を行う必要があります。

当院では長年の経験に基づいて行われるクリーニングで、汚れを取り除き健康なお口をプロデュースしております。お気軽にお立ちよりください。

当院のご紹介はこちら

« 2016年12月 | メイン | 2017年2月 »

Categories

  • カテゴリー1
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
ぐみょう今井歯科医院

ぐみょう今井歯科医院

歯科に関する情報を更新していきます。