«  2017年4月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2017年4月26日

歯の治療を受けたことがある方であれば、一度は歯の神経について聞いたことがあると思います。でも歯の神経が実際にはどのようなものであるかを詳しく知っているという方は少ないと思います。そこでここでは歯の神経について詳しく説明していきたいと思います。

神経の正式名称は歯髄と呼ばれています。この歯髄は歯の内部に存在しており、外側を象牙質やエナメル質で覆われています。歯髄はゼリーのようにとても柔らかい組織です。歯の根っこまでつながっています。

歯髄は歯の感覚とも言うことが出来るでしょう。たとえばアイスなどの冷たいものを食べた時には、歯がしみるのではないでしょうか?または虫歯などの歯の病気になってしまって神経まで虫歯が侵食してしまった時には、痛みを感じるのではないでしょうか?このような感覚を、感じ取る器官が歯髄なのです。

歯の治療で神経を取り除くこともありますが、神経の有無が歯の寿命を大きく左右するということがわかっています。神経はお口の健康を守るうえでとても大事な役割を果たす部分なのです。神経の治療を行う必要が出る前の早期の治療が、お口の健康を守るための第一歩ともいえるのです。

お口の健康を守るためにはぐみょう今井歯科医院で、しっかりとした治療・検診を受けることをおすすめいたします。

当院のご紹介はこちら

2017年4月19日

虫歯予防に効果があるといわれているキシリトールですが、皆さんはどのように取り入れていますか?もっと効果的に虫歯予防をするために、キシリトールの摂取の仕方を考えてみましょう。

ポイントは一度にたくさんのキシリトールを摂取するより、1日のうちで何度かに分けるほうが効果的です。キシリトールの摂取は1日に4、5回ほどが理想といえるでしょう。それぞれの食事の後と寝る前に取り入れてみてください。特に寝る前のキシリトール摂取はキシリトール100%配合のガムを利用してみてください。ガムを食べた後にブラッシングをする必要がありません。

ガムの味がなくなってもそのまま噛み続けることをおすすめします。最低でも5分ほど、できれば15分ほど噛むようにしてください。キシリトールの虫歯に効果的な成分がお口全体に広げるためです。まただ液の分泌促進をすることもでき、虫歯の予防に更なる効果を発揮することが出来ます。

せっかく虫歯予防のために摂取するキシリトールですので、効果的な方法を実践するようにしてみてください。ぐみょう今井歯科医院では虫歯予防のためにできる検診もおすすめしています。ぜひお試しください。

当院のご紹介はこちら

2017年4月12日

キシリトールは虫歯を予防するためにとても有効な成分です。キシリトールガムなどを摂取しているという声を当院でもよく耳にします。ただ少数ながらキシリトールを摂取すると腹痛が起こり下痢をしてしまうという方もいます。

これはキシリトールの副作用といえるでしょう。というのもキシリトールやソルビトールは糖アルコールと呼ばれるのですが、これらの成分には吸収されにくいという特徴があるのです。吸収されなかったものを体が消化するために、腸が水分を多く出すようになります。そのために腸内での水分量が増えて、下痢につながってしまうことがあるのです。

下痢をしやすくなってしまうのは、不快な症状ともいえるのですが、体への害はありません。一時的なものであるために心配をする必要はありません。

あまりにも頻繁に、そして症状がひどいのであれば、キシリトールの摂取をやめることをおすすめします。しかしそれほど気にならない程度であるならば、そのまま使用しても構わないでしょう。

ちょっとした体の変化も見逃さないのが、健康への第一歩といえますね。お口の健康のことであれば、当院ぐみょう今井歯科医院にお任せください。一人ひとりに合わせた治療を行っております。

当院のご紹介はこちら

2017年4月 5日

虫歯予防に効果があるとして利用しているという方も多いのが、キシリトールガムではないでしょうか?確かにキシリトールは虫歯の予防に効果があり、積極的に取り入れたいものです。でも実はキシリトールガムの選び方を間違ってしまうと、虫歯の原因となってしまうこともあるのです。そこでここではキシリトールガムの選び方を公開していきます。

まずキシリトールの量ですが、全体の重さの50%以上含まれていることがポイントとなります。キシリトールの含有量についてはパッケージの成分表示に書かれていますので、簡単に確認することが出来ます。

さらに言えば含まれている炭水化物とキシリトールの量が出来るだけ同じものを選ぶようにしてください。さらに糖類が含まれていないものを選びましょう。キシリトール自体が甘味料であるために、糖質を含まなくてもおいしいガムになります。

市販品の中でもよく見れば効果の高いキシリトールガムを見つけることが出来ます。でもさらに効果の高いものをお探しであれば、キシリトール100%配合の歯科専用キシリトールガムがおすすめです。

キシリトールなど、お口の健康のためにできることの情報をぐみょう今井歯科医院では皆さまとシェアしたいと思っております。まずはご来院ください。

当院のご紹介はこちら

« 2017年3月 | メイン | 2017年5月 »

ぐみょう今井歯科医院

ぐみょう今井歯科医院

歯科に関する情報を更新していきます。