«  2017年6月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2017年6月21日

最近の研究によって、見た目の印象は人に大きな影響を与えることになります。ビジネスを有利にも不利にもさせてしまうこともあります。また友達の有無にも関係を与えるとされています。人の見た目の中でも大事な部位として、歯があります。歯がキレイだと良い印象を与えることが出来るのです。

その逆に歯並びが悪い、前歯が欠けている、歯が黄色い、詰め物が見えるなどであれば、見た目の印象は悪くなってしまうのです。本人は気づいていなくても、見てる人は見ているのです。特に接客業・営業などの仕事をしている方は、見た目の印象が変わるだけで、成績にも影響があることもあるのです。

第一印象はやはり大事であるといえます。自分に自信をもって対応することが出来るようにするためにも、お口の見た目をケアすることが大事です。まずは歯の見た目について意識するようにしてみてください。

ぐみょう今井歯科医院では、お口の見た目も考えた治療をおこなっております。一般的な治療はもちろんのこと、ホワイトニングや審美治療も取り扱っております。お気軽にお声をおかけください。結婚式前や大事なプレゼンの前などの、イベント前で緊急にきれいにしたい時も対応しておりますので、ご相談ください。

当院のご紹介はこちら

2017年6月14日

食べ物を食べていて、突然歯が欠けてしまった!という経験をされたことのある方もおられると思います。よっぽど硬いものを食べている場合を除いて、食事中に歯が欠ける原因は何でしょうか?

結論は簡単です。その歯が虫歯になっているのです。虫歯の進行によって、歯がもろくなってしまっており、食べ物を噛むという負担に歯が耐えることが出来ずに、歯が欠けてしまうのです。このような症状になる前までに、神経が正常に機能しているのであれば痛みやしみを感じていることでしょう。

このように虫歯によって欠けてしまった場合には、欠損してしまった部分は大きいことが多く早急な治療が必要です。特別に痛みがないからと、そのまま放置してしまうと後で病状がひどくなってしまいます。必ず歯科医院で治療をすぐに行うようにしてください。

歯が欠けてしまっても、周りの組織や神経への影響がない場合には、治療は難しいものになりません。歯が欠けてしまったところは、刺激に弱くなります。また病状が進行しやすくなってしまいます。歯が欠けてしまったらまずは歯科医院で治療を受けてください。ぐみょう今井歯科医院では、このような急な患者さんも受け入れております。お気軽に来院ください。

当院のご紹介はこちら

2017年6月 7日

何かの拍子で歯が欠けてしまうこともあると思います。特に起こりやすいのが、前歯の欠損です。この場合にはどのような治療を行うのでしょうか?小さな前歯の欠損で、その日のうちの補修することが出来ますので、欠損が起きたその日にできるだけ早く歯科医院での治療をすることをおすすめします。

治療①レントゲン撮影
レントゲン撮影で、欠損を起こしてしまったところの周りに炎症やほかの症状がないかを確認します。

治療②神経の確認
ほかの組織へのダメージが確認されなければ、次に歯の神経への影響を確認します。神経が正常に機能しているのかを調べます。神経への影響が認められる場合には、神経を除去することになり、治療は1か月ほどかかってしまうこともあります。

治療③修復
治療①・②にてなんの問題もないのであれば、欠けた部分の補修を行っていきます。欠けたところの補修する充填治療を行い、治療は終了です。

早めの治療を行うことで、大きな治療を行う必要はなくなります。それだけ治療からくる負担も少なくなります。歯が欠けていることに気付いたのであれば、できるだけ早くぐみょう今井歯科医院までお越しください。最適な治療を提案いたします。

当院のご紹介はこちら

« 2017年5月 | メイン | 2017年7月 »

Categories

  • カテゴリー1
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
ぐみょう今井歯科医院

ぐみょう今井歯科医院

歯科に関する情報を更新していきます。