«  2017年7月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2017年7月26日

自分の歯の本数を数えてみたことはありますか?最近、子供の歯の本数が足りないというケースが以前に比べると多くなってきました。もしかして、自分の子供もそうかも?と思われる親御さんは、まずは子供の歯の本数を数えてみてください。

本来は永久歯は28本に加えて親知らず4本となっています。ただし乳歯は20本です。これを頭に入れて、お子さんの歯の本数を数えてみてください。またはご自分の歯の数を数えてみてください。

よく見かけるようになった先天性欠如という症状は、もともと歯が28本そろっていないという子供たちです。1本から最大で10本ほど足りないという子もいるのです。10本ほど足りないとなると、さすがに親御さんも気づくと思います。でも1本だと気づかないという親御さんも多いのです。この先天性欠如は、今では10人に一人の割合で起こるとされています。

多数の歯が足りないと、きちんと言葉を発音できなくなるなどの支障が生じてきます。たとえ欠けている歯が1本でも基本的には治療が必要となります。
ぐみょう今井歯科医院では、お子様のお口の健康のことで、不安を抱えている親御さんの疑問を解決しています。お任せください。

当院のご紹介はこちら

2017年7月19日

食いしばりはお口への負担がとても大きい行為です。負荷が大きいために、歯が割れてしまったり、歯周病になりやすくなったりするのです。食いしばりはしないに越したことはありませんが、食いしばりをする方の多くが、無意識のうちに始めてしまっています。そこでここでは簡単にできる食いしばりのセルフケアの方法をご紹介します。

特別な道具もなくできるケアの方法です。それは"食いしばり"を意識することです。そもそも無意識で食いしばっている方が多いために、気が付いた時にはすでにある程度の時間、食いしばっていることが多いです。

食いしばりを意識するためには、目に訴えるようにしましょう。たとえばポストイットなどを使って食いしばりに気を付けるように自分で自分に向けてメッセージを送りましょう。食いしばりは集中している時に起こりやすいので、パソコンや仕事上必要なものの近くにポストイットを貼ってみてください。とても簡単な方法ですが、食いしばりについて、自分に気づかせる有効な方法です。

今までに当院でも、意識することで食いしばりを軽減した方を見てきました。このほかにもケア方法はあります。ぐみょう今井歯科医院までお気軽にお尋ねください。

当院のご紹介はこちら

2017年7月12日

食いしばりは一見、無害な習慣に思えるのではないでしょうか?しかし実は食いしばりは思っている以上に体への負担が大きいものなのです。慢性的な頭痛を抱えている人の中には、食いしばりが原因で頭痛が起こっているという方もいるのです。
そこでここでは食いしばりをしているかどうかを確認するためのチェックリストを公開します。

・口を閉じると上下の歯があたる。
・慢性的な肩・首のこりがある。
・寝起きにほほ・首・こめかみなどにだるさを感じる。
・耳鳴りなど耳への異常を感じる。
・慢性的な頭痛はあるものの原因がわからない。
・お口の中に歯跡がある。
・輪郭が張っている。
・ほうれい線が目立っている。
・顔・口周辺に緊張を感じる。
・歯がすり減っている。

上記に挙げたチェックリストの中で一つでも当てはまる項目がある方は、食いしばりが原因で慢性的な頭痛を抱えている可能性があります。

少しでも早く頭痛という不快な症状を改善するためには、食いしばりを治療する必要があります。当院のスタッフはお口の健康と体の健康の関係を熟知しており、的確な治療を行っております。心当たりのある方は、ぜひぐみょう今井歯科医院までご相談ください。

当院のご紹介はこちら

2017年7月 5日

インプラント治療はまだまだ高額な治療となっていますね。それでもやはり入れ歯とは違って、自分の歯に近い感覚で使うことが出来るので、人気の治療法となっています。そんなインプラントの平均的な寿命はどのくらいなのでしょうか?

平均的にインプラントは、10年以上使うことが出来るものです。もちろん使い方やお口の状態によっては、数年で使えなくなってしまうこともあります。
逆にメンテナンスをきちんと行っており、お口の状態の良さを保ち続ければ、10年以上も使うことができるのがインプラントなのです。

ある報告によると30年以上も同じインプラントを使っているという方もいます。つまり、どれだけきちんとケアを行うのか?ということが、インプラントの寿命にも関係してくるというわけなのです。高額な治療だからこそ、少しでも長く使い続けたいものですね。

インプラントの治療はもちろんのこと、インプラントの管理の仕方もぐみょう今井歯科医院では伝授しております。メンテナンスの仕方がわからない、インプラント治療を検討しているという方は、ぜひ当院までお越しください。

当院のご紹介はこちら

« 2017年6月 | メイン | 2017年8月 »

ぐみょう今井歯科医院

ぐみょう今井歯科医院

歯科に関する情報を更新していきます。