«  2017年12月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2017年12月27日

歯周病はプラークの中にある細菌に、体の免疫が負けてしまうことによっておきます。
つまり体の免疫力を高く保つことが、歯周病の予防と進行を遅くするのに役立つということなのです。
では免疫を低下させることにつながることには、どのようなことがあるでしょうか?ここでは特に歯周病との関連が深いものをあげていきたいと思います。

タバコや糖尿病などの生活習慣病は勿論のこと、歯ぎしりや歯並び、詰め物があっていないなどのお口の状態によっても引き起こされます。
さらにストレスも大きな原因の一つになっています。また遺伝的に免疫力が低いというケースもあります。

歯周病だけに限った話ではないのですが、免疫力が高ければいろいろな病気への予防が可能になります。
特に歯周病は気づかないうちに進行してしまい、治療に時間がかかってしまう病気の一つです。

いつまでも健康な口元を保つためにも、免疫力をあげることがカギとなります。
いくら気を付けてブラッシングをしていても、歯周病になってしまうという方は、免疫力に問題があるのかもしれません。
ぜひ一度、自分のライフスタイルを検討してみることをおすすめします。

わからないことはぐみょう今井歯科医院までご相談ください。
当院のご紹介はこちら

2017年12月20日

歯のホワイトニングへの関心が高まっているために、歯の消しゴムに関するご質問を受けることもあります。
歯の消しゴムは歯にとって良い選択といえるのでしょうか?

全体的にみて、歯の消しゴムをおすすめすることはでいません。
歯の消しゴムがどのように効果を発揮するかというと、歯の表面を削ることで着色を落とすのです。
もちろん汚れも落ちる一方で、歯の表面に傷がついてしまいざらざらな表面になってしまいます。
ざらざらな表面のまま放置してしまうと、着色しやすい状態になってしまいます。

また歯の消しゴムははの表面はきれいにできても、歯間を上手に磨くことができません。
歯間にこそできやすい着色が落とせずに、本当の意味でのホワイトニングはできません。

つまり歯の消しゴムはすぐに効果がなくなってしまう、その場だけのホワイトニングとなってしまいます。
本当に着色除去を行いたいのであれば、歯の消しゴムはおすすめできません。
それでもどうしても歯科医院に行く時間がなく、急に歯を白くしたいという場合にはその場しのぎにはなります。

歯のホワイトニングについてもっとよく知りたい!という方は、ぜひぐみょう今井歯科医院までご相談ください。
当院のご紹介はこちら

2017年12月13日

ホワイトニングは時間がかかるので、急にはできない!と思っている方も多いようです。

でも実は歯医者で行うオフィスホワイトニングであれば、数回の施術で歯を白くすることが出来ます。特に歯の印象は人の全体の印象を大きく左右します。

結婚式、大切なプレゼン前などの大事なイベントの前にオフィスホワイトニングをしてみることをおすすめします。

オフィスホワイトニングは基本的に過酸化水素というものを利用して、歯の色を白くしていきます。1回の施術でも効果を実感される方もたくさんいます。
1回の施術は1時間程度ですので、忙しい方でも気軽に利用することが出来ます。

以前オフィスホワイトニングを行った際に、歯のしみが気になった!という方も安心して施術を受けられるようになりました。

薬剤の改良によって、よりしみにくくなり、痛みを感じる方はほとんどいません。
それでも歯へのしみが気になる方は、まず当院までご相談ください。
最適な治療法をご提案します。

歯の印象をよくするだけで、全体の印象はぐっと良くなります。費用もお手軽に行えるようになりましたので、まずはぐみょう今井歯科医院までお尋ねください。

当院のご紹介はこちら

2017年12月 6日

知覚過敏を虫歯と勘違いてしまっている方も多くいます。
でも根本的に知覚過敏と虫歯は大きく異なるものです。
そこでここでは知覚過敏についての正しい知識を身に着けていきましょう。

知覚過敏について知るためには、歯の構造について知る必要があります。
私たちが口を開けたときに見えている歯のほとんどはエナメル質です。
そのエナメル質の中に象牙質や神経があります。エナメル質が歯を守る大事な部分であるといえます。

ただ歯周病やほかのお口のトラブルが原因で、歯茎が下がってしまい象牙質が歯茎から出てしまうことがあります。
またエナメル質が欠けてしまって、象牙質がむき出しになることもあります。このような場合には、お口の中に入った刺激が神経に伝わりやすい状態になります。
そのため冷たいものや温かいものを食べると、歯がキーンと痛くなるのです。

虫歯菌によって引き起こされる虫歯とは全く別ものであることがわかります。

知覚過敏は時間の経過とともに改善されることもあります。
しかし痛みがひどい場合や、症状が長く続く場合などには、速やかに歯科医院にて治療を受けることをおすすめします。
ぐみょう今井歯科医院では過去多数の知覚過敏の治療経験を活かし、治療を行っております。
当院のご紹介はこちら

« 2017年11月 | メイン | 2018年1月 »

ぐみょう今井歯科医院

ぐみょう今井歯科医院

歯科に関する情報を更新していきます。