«  2018年4月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2018年4月11日

審美歯科治療の代表としてセラミックを使った治療がありますね。
審美歯科治療なのですから、当然見た目の向上という目的で使われる場合が多いです。しかし実はセラミックの本当のメリットというのは、審美性ではないと言えるでしょう。

セラミックを使うことで、プラスッチックなどの従来の素材に比べると虫歯・歯周病のリスクを減らすことができるのです。
というのもセラミックは陶器ですので、表面がツルッンとしています。
一方でプラスチックの表面には穴がたくさん空いています。肉眼では見えませんが、凸凹があるのです。この凸凹はむし歯・歯周病の原因であるプラークが付着し易いところなのです。

セラミックの表面の滑らかさがプラークを付着しにくくしてくれるのに加えて、ブラッシングをすればプラークは落とすことができます。
見た目だけではなく、機能面でも優れているのがセラミックの特徴です。

確かにセラミックを使った治療は自由診療なので治療費が高額になってしまいがちですが、長い目で見れば、それだけの価値のある治療とも言えるのではないでしょうか?
セラミックを使った治療に関心のある方は、ぐみょう今井歯科医院のスタッフまでお尋ね下さい。

当院のご紹介はこちら

2018年4月 4日

インプラントをすることで食べ物が以前よりも美味しく感じるという方がおられます。

インプラントをすることで、安定感がますので食べ物をよりよく噛むことができるという点はよく知られていると思います。
実はインプラントをすることでよく噛めるようになるだけではなく、熱伝導を感じられるようになります。そのために食べ物が美味しく感じるのです。

熱伝導とは、温かさ・冷たさが伝わることです。
入れ歯の場合、プラスチック床によって上顎は覆われています。そのために熱伝導が悪くなってしまい、食べ物の温かい・冷たいを感じにくくなってしまうのです。
これではせっかくの美味しいものの本来のポテンシャルをフルに味わうことができないのです。

一方でインプラント治療では金属が用いられます。金属は熱伝導に優れている素材であるために、食べ物の温かさ・冷たさがしっかりと伝わるのです。
結果として、入れ歯よりも食べ物が美味しく感じられることがあります。

同じものを食べるのであれば、より美味しく食べたいものですね。
入れ歯をしている方もインプラント治療への変更を検討されてはいかがでしょうか?もっと早くすれば良かったと感じられている方もたくさんおられます。

当院のご紹介はこちら

« 2018年3月 | メイン

Categories

  • カテゴリー1
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
ぐみょう今井歯科医院

ぐみょう今井歯科医院

歯科に関する情報を更新していきます。