トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » 入れ歯治療 » 患者さまに合う入れ歯をつくるコツは?

患者さまに合う入れ歯をつくるコツは?

入れ歯補綴専門医である院長がオーダーメイドで製作します
当院院長の特徴は、日本補綴歯科学会補綴専門医としての経験を活かした入れ歯作りです。例えば、義歯は当然口の周りが動けば、動きます。設計する際に患者さま一人ひとりの口腔周りを正確に把握しておくことは、ぴったりフィットする義歯作りの最大条件です。そこで、当院の入れ歯作りでは、あごの形状を精密に分析いたします。また、あごが静止しているときの形状だけではなく、筋肉の動きも診断し、快適な義歯作りを行っております。

精密な型を取ります
入れ歯作りで最も大切なことは、お口の中を正確に把握するための「型取り」と呼ばれる作業です。当院では、専門的な知識を持った院長が、3回にわたって、お口の型を採取します。ちなみに、通常は2回の場合が多いですが、より精密にお口の中を把握したいという想いから、3回の型取りを行なっております。

院内技工室との緻密な連携
当院では、最終的な入れ歯の調整を行う際、入れ歯を作るスタッフである技工士も立会います。こうすることで、入れ歯作りの専門家である技工士に、ダイレクトに調整指示を出すことができ、ドクターと技工士とのコミュニケーションロスが少なくなります。

たとえ、保険診療でも手を抜くことはなく、歯科技工士のリーダーは日本口腔インプラント学会の認定歯科技工士の資格も取得しております。


トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » 入れ歯治療 » 患者さまに合う入れ歯をつくるコツは?