トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » インプラント治療 » インプラント治療の流れ

インプラント治療の流れ

インプラント治療の流れより安全な治療を行うために、一つずつ治療手順を何度も確認・修正を加えながら、慎重かつ丁寧に行なえる体制を整えております。

1:模型およびパノラマCTによる埋入位置・角度の確認、診断用ガイド製作
当院では、レントゲン後、すぐにインプラントを埋入することはいたしません。あなたの口腔模型から一番安定し、学術的に正しい位置を計算します。
インプラント治療の流れ

下へ

2:診断用ガイドを利用し、パノラマ及びCTによる治療部位の撮影
目視はもちろん、平面ではわかり難い骨の構造を立体的に判断できるCT装置を導入しております。自院に設置することによって、いつでも、より確実な診療を行なうことが可能となっております。
インプラント治療の流れ

※写真は、上あごの空洞が大きく骨の厚みが薄い人に行う、ソケットリフトの症例です。
下へ

3:サージカルガイドの作成
埋入位置の測定後、実際の治療中に、正しく安定する位置と角度、深さを再現できるように治療器具を固定するサージカルガイド※を作成します。もちろん、この時点でも安定性・安全性を実現するために何度も修正を加えていきます。

※「サージカルガイド」とはドリルの角度を正確な位置に導き、さらにドリルがぶれないようにする医療器具です。
インプラント治療の流れ

下へ

4:治療用具の確認
治療の安全性を確保するため、器具の滅菌は当然行なっている他に、最新の治療用具を揃えております。
インプラント治療の流れ

下へ

5:正しく安定した位置に埋入
実際の治療に入る前の入念な検査・診断を行なうだけではなく、安心して治療を受けていただくためにも、ほぼ毎週、新たな技術の修得・研鑽に努めております。
インプラント治療の流れ


トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » インプラント治療 » インプラント治療の流れ